【厚木市 重松塗装】コーキングの重要性について

query_builder 2023/05/08
ブログ

皆さん、こんにちは。
厚木市、塗装職人直営店の重松塗装です。

本日はコーキングの重要性について更新致します。

多くの方が目にして外壁塗装を考える要因の一つにコーキングがあります。
コーキングとは、弾性に富んだ樹脂系の目地充填剤のこと。

サイディングボード、ALCパネルなどの外壁材は、工場で生産した建材を新築住宅工事現場まで搬入し、躯体壁面に貼り付ければ外壁ができるのが特徴です。

コンクリートやモルタルを躯体壁面に満遍なく塗ってゆく左官工事より、工法が容易で工期も短いことから、急速に普及したとみられています。

ところが、これらの外壁材は非常に堅いので、隙間を設けずに貼りつけてゆくと気温変化などによる膨張で外壁材が衝突し、破損してしまいます。

その為、レールのように一定の隙間を置いて壁面に貼り付ける必要があります。

この一定の隙間である「目地」にコーキング(シーリングとも)を注入することにより、防水性と耐候性の高い外壁ができ、コーキングの弾力性で外壁材の膨張を吸収し破損を防ぐことで長寿命化を実現しています。
その意味で、コーキングは外壁の耐久性を実現するために不可欠な緩衝剤といえます。

ただ、コーキング自体も、風雨、太陽光などの自然負荷により経年劣化します。
劣化が進むとひび割れ、剥離などが発生し、緩衝剤の役割を果たせなくなります。

下記にコーキングが劣化した状態をご紹介いたします。
・コーキングのヒビ割れ
しかしコーキングは1日中紫外線や雨水に晒されているため、日々少しずつ劣化していきます。
注意してみないと気付かないため、気付いたら状態が著しい場合もあります。

・コーキングが剥離し、反りや欠落が起きている外壁材
防水の役目を果たしているコーキングが劣化してしまうと、雨水が浸水し外壁材を痛めてしまいます。
最初はひび割れから始まり、次第に欠落してしまうように劣化していきます。
そうなってしまうと塗装だけでは保護のできない状態になってしまいます。

・劣化が目に見え始めた状態(すでに修繕が必要な状態です)
そのためにも劣化が著しくなる前にメンテナンスをする必要があります。
ひび割れや隙間が少しでも出始めていれば要注意です。
少しでも怪しいなと思ったら診断だけでもご依頼ください。

見積、現地調査は無料です。
ご自宅の気になる点や不安な点など、お気軽になんでもご相談下さい。

厚木市の住宅を守る重松塗装を今後とも宜しくお願いします‼

記事検索

NEW

  • 【厚木市 重松塗装】塗装作業における健康と安全に関するガイドライン

    query_builder 2024/02/24
  • 【厚木市 重松塗装】外壁塗装と建物の自己洗浄効果

    query_builder 2024/02/23
  • 【厚木市 重松塗装】外壁塗装の色選びのコツ

    query_builder 2024/02/22
  • 【厚木市 重松塗装】外壁塗装と建物価値の維持・向上

    query_builder 2024/02/19
  • 【厚木市 重松塗装】塗装作業のベストタイミングについて

    query_builder 2024/02/17

CATEGORY

ARCHIVE