【重松塗装 厚木】窓リフォームに助成金!?

query_builder 2023/08/26
ブログ

皆さん、こんにちは。

厚木市の塗装職人直営店、重松塗装です。


本日は既に申請も始まっておりますが窓サッシに関する助成金について更新します。


今年も一段と厳しい暑さが続き、来年以降も灼熱期が続きそう…

そうなると冷房を使う時間が長くなり、昨今の電気料金の値上げなどもあり、冷房費が気になるところですね。

そんな中、政府から出される断熱窓への補助金に関心が集まっていることはご存じでしょうか。


経済産業省や環境省、国土交通省が取り仕切る「先進的窓リノベ事業」。


既存住宅において、熱損失が大きい窓の断熱性能を高めることにより、冷暖房費負担の軽減や、CO2排出量削減など、省エネルギー性能の確保に貢献することを目的とした事業で物件の所有者が、事業の登録事業者(施工会社など)と補助対象期間内に契約した工事が対象で、具体的にはガラス交換や内窓設置などが挙げられている。

物件の所有者には、賃貸住宅のオーナーも含まれているため、不動産投資家が自身の物件で行う工事も対象となる可能性がある。

条件が満たされていれば、1戸あたり200万円を上限に補助金が交付される。


補助の対象となる条件は断熱性能を高める窓のリフォームが対象となる「先進的窓リノベ事業」。事務局に登録された施工会社(「窓リノベ事業者」)が、交付申請の手続きを行い、補助金の交付を受け、交付された補助金を物件の所有者らに還元する仕組みとなっている。


補助の対象となるのは、住宅を所有する個人とその家族、所有する住宅を賃している個人や法人、賃借人、集合住宅の管理組合など。

補助対象の住宅は、リフォーム工事の工事請負契約日時点で建築から1年が経過した住宅、過去もしくは現在人が居住する住宅をいい、戸建住宅、集合住宅のいずれも対象だ。 対象となる工事は、既存のガラスのみを複層ガラスなどに交換する「ガラス交換」、内側から新たな窓を設置する「内窓設置」のほか、外窓を取り外して交換する「外窓交換」(カバー工法、はつり工法)。


また、補助金の対象となる期間は、工事請負契約日が2022年11月8日から遅くとも2023年12月31日までで、着工日は窓リノベ事業者における登録申請日以降となる。 交付申請期間は、2023年3月31日から予算上限に達するまでの、遅くとも2023年12月31日までだ。1000億円の予算が消化され次第、期限を待たずに制度が終了する可能性がある。

注文殺到、納期に遅れも しかし、この制度を利用しようと窓のリフォームに注文が殺到。報道によれば「YKK AP」などの建材メーカーの納期に遅れが出ており、着工が補助金の手続きに間に合うか不安の声が上がっている。


建材メーカーの「LIXIL」も工場を通常の3倍以上で稼働させているものの、納期は1〜2カ月遅れだいう。

すでに予算に対する申請割合は30%を超えている(6月下旬時点)ようで、申請は施工業者の着工後に手続きするため、商品の納期によっては着工が遅れて補助金が受けられない可能性もある点が懸念されている。


窓をリフォームして断熱性能を高めることで、より電力消費を最適化することができる。過ごしやすい環境を整えるために、制度の利用を検討する余地はありますが制度が早期に終了する可能性も高く、早めの行動がカギとなります。弊社は塗装業者なので登録しておりませんが少しでも広く情報が広がればと思います。


今後とも重松塗装を宜しくお願い致します。


記事検索

NEW

  • 【厚木市 重松塗装】9月も間もなく終わりですね

    query_builder 2023/09/29
  • 【厚木市 重松塗装】近隣様への配慮について

    query_builder 2023/09/15
  • 【厚木市 重松塗装】空いている家をどう使う?

    query_builder 2023/09/01
  • 【重松塗装 厚木】窓リフォームに助成金!?

    query_builder 2023/08/26
  • 【厚木市 重松塗装】ラジカル塗料について

    query_builder 2023/08/21

CATEGORY

ARCHIVE